漢方薬局・鍼灸院で働くスタッフのスキルアップ支援

東洋医学業界で店長経験を積んだアドバイザーが、スキルアップに役立つ情報をシェア。あなたが自信を持って接客・店舗運営に携われるよう支援します。

治療と同じくらい重要な「接客の質」

「治療経過は良好なのに、患者さんが不機嫌だ」、「どうも本音を引き出せていない」と感じた経験はありませんか?実は、漢方薬局や鍼灸院の顧客満足を考えるうえで、治療技術と同じくらい重要なことが、接客の質です。ここで言う接客の質とは、マナー研修で学ぶような「礼儀正しさ」のことではなく、患者さんのニーズをよりはやく正確に捉え、それに答える力のことです。

接客を学べる場はあまりない

​治療を学ぶ勉強会や本は沢山ありますが、先に述べたような接客を学ぶ場は、殆どありません。私自身も、漢方薬局に入社した当初は、「投薬や東洋医学については教えてもらえるけど、接客のコツは誰も教えてくれない」、そして「一度対応を間違えると取り返しのつかないことも多く、失敗ができない」状況で、患者さんの言葉にどう返答するか悩む場面が多かったです。

​「患者の心をつかむ接客」を学び、自信をつけませんか?

私が漢方薬局・鍼灸院の接客について気付いたことは二つです。それは、「心理学が役立つこと」そして「接客ノウハウを独自に確立するのは時間がかかること」です。

そこで、以前の私と似た状況で困っている方が、心理学の視点を取り入れ最短で良い接客ができるようになってほしいと考え、当サイトを立ち上げました。

​運営者の紹介

うえのともみ

医薬品登録販売者・国際中医師

大学で心理学を専攻した後、漢方薬局に就職。その後、漢方医の知人が開業した漢方薬と鍼灸の治療院の店長として、店舗マネジメントと経営サポートを行う。

​現在は、フリーランスで治療院のスタッフ教育や経営サポートを行っている。