うえのともみの詳しいプロフィール

1986年生まれ/神奈川県横浜市出身/東京都在住

法政大学文学部心理学科卒業

医薬品登録販売者・国際中医師

・法政大学を卒業後、漢方薬局に就職

※当時アルバイトをしていたドラッグストアで、誰もが「実はあまり詳しくないんだけどね…」と前置きする漢方薬という代物に興味を持ったことがきっかけで、漢方薬局(関東圏に20店舗くらいあるところ)に就職しました。

※心理学専攻からの、薬局勤務。勢いで就職してしまったので脈絡がありませんが、結果的に、脳科学(高橋敏治先生)や、社会心理学(越智啓太先生)の授業で得た知識が、接客やマーケティング戦略を考える場面で非常に役立っています。また、心理学を学んだ後に東洋医学業界に入るという異色の経歴や、東洋医学業界に身を置きながら熱心に経営の勉強をしたことが、今の自分の特性に繋がっています。

・店舗業務と並行して、会社のSNS担当になる

※漢方薬を勉強しながら、薬局業務に励んでいたある日、本社事務員から「今週はあなたの店舗がTwitter配信をする当番です」との連絡が。交代制でTwitterをやってるなんて面白いなと思いつつ会社のアカウントにログインすると、そのアカウントは開始から半年以上経っているにもかかわらず、フォロワーが7人だけ。当時、私がプライベートの発信に使っていた個人アカウントがフォロワー5000人で、まだまだ少ないと思っていたので、7人のフォロワーのために、店舗スタッフが時間を割いてツイート配信をしていることに疑問を感じ、運用担当者に意見を述べたところ、「では来週から管理をお願いします」と、一瞬で管理権限を委任されました(笑)後で聞いた話ですが、社内にTwitterのやり方がわかる人がいなくて困っていたそうです。その後、半年で会社のTwitterアカウントのフォロワーを1万人に増やし、会社のセミナー集客に貢献できる媒体にしました。

・通販サイト管理も任され試行錯誤

※ある日、社長から呼び出され、通販サイトの管理者に任命されました。そして、その売上を半年で1.8倍にしたいと言われました。Twitterは個人アカウントである程度やり方を知っていたので良かったですが、通販サイト管理は初めての経験。なんとかして売上を上げようと、本を読み漁り、会費16万円のマーケティング講座を受講し、メンターを探し、思いつくことは全てやりました。チラシも大量に配りました。店舗のチラシは店舗の近くに配る必要がありますが、通販サイトのチラシは、(商圏を絞らなければ)日本国内ならどこでも配ることができたので、休日に普段利用しない駅で降りでポスティング。友達と遊ぶときは、早めに現地へ向かってポスティング。年末年始、実家に帰ったらポスティング。常にカバンにチラシを入れ、事あるごとに配っていました。

他の要因もあったとは思いますが、結果的に通販サイトの目標売上は、3か月で達成。利益も徐々に増えるようになりました。

※この時期にFacebookページで「漢方美人」を目指す女性のための情報サイトを立ち上げ、フォロワーを1000人に。これもセミナー集客や、店舗への来店者を増やすのに役立つ媒体となりました。

※自分がマーケティングや経営に強い関心を持っていることに気が付いたのもこの時期です。
 

・漢方薬と鍼灸の治療院の店長になる

※漢方医の知人が開業した​治療院の店長として、オープン直後から店舗が軌道に乗るまでの時期を支えました。ここでは、店舗マネジメント・スタッフ教育・経営サポートの経験をさせてもらいました。経営や接客については、独自に勉強をしながら、経営者に会いに行き、教えてもらうことを繰り返しました(今も続けています)。

※新しく入社したスタッフに、自分がこれまでで得た心理学の知見や、経験に基づいた接客ノウハウをシェアしたところ、「こういうのが知りたかった!」と感謝されることが多く、需要があるのだと感じました。

・現在は、独立してパラレルキャリアを構築中

※小規模治療院の、スタッフ教育・Web業務・経営サポートを行っています。

元々店長をやっていた治療院もサポート。社員教育・売り場づくりなど、日常業務で手の届かないところを手伝ってます。

※ホリエモンのオンラインサロンで出会った仲間と、麹せっけん・生麹バスソルト・スキンケアオイルの製造販売をしています。

NPO法人シェイクハートプロジェクトの理事として、障害当事者の夢を叶えるイベントと、福祉作業所のコンサルティング業務を行っています。

※今後も「立ち上げた事業を軌道に乗せるお手伝い」をしていきたいと考えています。

主な資格
  • 医薬品登録販売者

  • 国際中医師(漢方薬の専門資格)

  • 薬膳アドバイザー

  • メディカルハーブ検定

  • ​教員免許(公民)

得意なこと
  • 心理学を取り入れた接客で、顧客のリピート率を上げること

  • 東洋医学の概念を、初心者にわかりやすく説明すること

  • POPやWebサイトのキャッチコピー、文章作成

  • TwitterやFacebookページで店舗や商材の認知度を上げること

  • ​ニーズに合わせた売り場(POP、Display)づくり